鼻の頭の汗が臭い

鼻の頭の汗が臭いです

鼻の頭の汗が臭い

自分の鼻の頭の脂の匂いが臭いと感じる人は居ますでしょうか。
なぜ鼻の頭の脂は臭いのかと言うと、Tゾーンには頭の次に皮脂腺が出ているのです。頭が臭いのと同様に、清潔にしないと脂が酸化したり、汗や汚れによって毛穴に雑菌が繁殖したりして、すごい臭いがするのです。

 

鼻の頭を清潔にする

 

,em>臭いをなくす為には、常に鼻の頭部分を清潔にしておかなくてはいけません。朝、しっかり洗顔していても、少しすると臭いが復活してしまう。人と近距離で話すことは無いと思っていませんか?でも、意外に顔が接近する事って多いんです。

 

鼻の頭の臭いは何故発生するか

 

女性と比べ、男性の皮脂分泌量は10代後半から跳ね上がり、女性との分泌量の差は約2倍あります。しかも、女性は年齢を重ねると皮脂は減少するのに、男性は60代まで横ばいです。この皮脂が、酸化、分解され鼻の脂の臭いが発生するのです。

 

年齢を重ねると、皮脂腺にパルミトオレイン酸が増え、過酸化脂質と結びついて酸化する事でノネナールという臭い物質、所謂加齢臭が発生します。

 

鼻の頭の汗が臭い

加齢臭のピークは50代からですが、実は30代から少しずつ発生しています。鼻には皮脂腺が集中しているので、臭いが発生しやすいのです。

 

また、皮脂は皮膚の常在菌によって分解され、中鎖脂肪酸が発生するのですが、同時に汗に含まれた乳酸が菌に分解されジアセチルが発生します。中鎖脂肪酸とジアセチルが混ざり、ミドル脂臭が発生するのです。

 

ミドル脂臭は30〜40代特有の臭いで、拡散力が加齢臭の100倍もあり、女性に嫌われる臭いです。加齢臭とミドル脂臭、紫外線によっても皮脂は酸化されます。それらが混ざり合った臭いが鼻の頭周辺から発生するんです。

鼻の頭の臭い対策

 

鼻の脂が臭い原因がわかったので対策をしましょう。皮脂の分泌を抑え、汗や皮脂の分解を抑え、汗に含まれる乳酸を減らし、過酸化脂質を減らすという4つです。まずは洗顔をしっかり行いましょう。

 

1、鼻の脂は頑固なので洗顔する前に蒸らし、毛穴を広げ脂を浮き出しやすくする。
蒸しタオルやスチーマーで洗顔前に最低10分〜15分蒸らすようする。
2、クレンジングオイル、オリーブオイル、ごま油などで鼻をマッサージし、脂を柔らかくする。
3、オイルマッサージで汚れが浮いてきたら、クレンジングローションや水かぬるま湯で濡らしたコットンで脂分と鼻の脂をふき取ります。
4、顔を擦ると美容的にはNG。泡で毛穴の汚れを吸着して洗いましょう。最初はぬるま湯、最後は冷たすぎない水でパッティングしましょう。
5、保湿を疎かにすると逆に脂分が出てくるので、毛穴を引き締める働きをするセラミド配合の化粧水で保湿しましょう。その後美容液やクリームで整え、最後に収れん化粧水でTゾーン部分をパッティングします。鼻の頭の汗に悩んでたりする人はやってみて下さいね。

 

鼻の頭の汗

鼻の頭の汗に悩む人の参考動画 ⇒ https://youtu.be/24hhjCBxGSs